鍵屋にお願いして機能性の高い補助錠を積極的に利用

鍵屋に設置依頼をする前によくある質問内容を把握しておきましょう

主錠と共に防犯性を高める補助錠についての疑問やアドバイスを集めたので、設置するときの参考にしてみてください。

補助錠に関する質問

補助錠の設置費用はいくらくらいですか?
種類によって違いますが、錠本体と出張費、工事費込みの相場は25000~55000円になります。工事費はドアの仕様で変わってくるため、設置を行なう鍵屋に確認したほうが確実です。自治体によっては防犯助成金制度というものがあるので上手く活用すると良いでしょう。
今使用している鍵と補助錠は一緒に使用できますか?
現在使っている鍵と新しく取り付ける補助錠の施解錠を1本の鍵で行なえる場合があるので、できるだけ開け閉めをスムーズに行ないたいという人は鍵屋に相談すると良いでしょう。
設置工事を行なう際に注意する点はありますか?
鍵屋が補助錠を取り付けるときは、玄関ドアにドリルで穴を空けることもあり若干音が出ます。取付工事を行なう際は、予め近所や管理組合などに連絡しておくと安心です。作業時間は取り付ける補助錠やドアの仕様により異なりますが平均約1時間で行なっています。

コストパフォーマンスが高い補助錠もおすすめ

案内する女性

鍵屋の中には、新しい特殊な補助錠を用意しているところもあります。鍵穴に鍵の付いたカバーを取り付けるイメージをすると分かりやすいでしょう。これは鍵穴自体を守ってくれるので、ピッキングはもちろん鍵穴へのいたずらも防げます。補助錠を取り付けた状態でも室内側から鍵の開け閉めができるので安心です。

補助錠をつける効果

装着時は室外側から鍵穴が見えず、不在に見えることからセールスが呼び鈴を押すこともなくなります。また近隣住民が建物や部屋を間違えてドアを開けようとしても鍵穴が見えないので、ドアノブを回されることも防げるでしょう。このタイプの補助錠はまだ広く知られていないので、侵入者の不正解錠を効果的に防ぐことができます。

TOPボタン